助産師の未来は?

助産師求人-今後の助産師の働く意義

昨今の日本では出産数がどんどん少なくなっているため、元々助産師が担ってきた「正常な分娩サポート」も比例して少なくなっています。その影響で産科や助産院などの出産にまつわる場所も閉まってしまう事が多く、助産師の働く場所を捜す事が厳しく感じることもあるかもしれません。

実際どうかというとそのとおりで、出産数もお産をサポートする機会も減少しているようにも思えます。ただし角度を変えて見てみると、助産師は今までとは違った求められ方をしているようです。

お産の場所、出産の数が減ってしまっていることに比例して小児科や産科のお医者様を目指す若者も減少しています。

産科、小児科の数が減ってしまっている理由は、それらに掛かる乳幼児や児童の数が減ってしまっているということ、それに伴い大きな病院や総合病院でもお医者様の必要性がなくなってしまったということや、たとえ産科や小児科を開業したとしても病院を続けて行くのが難しいということなどが挙げられるようです。

「産婦人科のお医者様が少ないという現状」を打破するために、助産師が赤ちゃんがお腹にいるお母さんの検診を行ったり、指導を進める「助産師外来」という形が最近では支持されています。助産師外来が世の中に広まることによって助産師がその働きを充分に行えることに加え、地位もあがって行くことになるでしょう。

以前の日本では大家族が珍しいことではありませんでした。上のものが下のもののお世話をしたりお守りをすることも普通のことでしたが、最近ではめっきり核家族化が一般的なことになり、自分が人の親になるまで赤ちゃんと触れ合う機会がない人も少なくありません。そして親と一緒に生活する人も減少しています。

核家族の中での妊娠であったりお産であったり、養育であったりは、若い夫婦にとって心配や迷いを多く抱えながらもその迷いの解消の仕方がわからないものです。このような時に傍にいて妊婦さんの心に寄り添い、正しい指導を行う事が今の助産師に必要なことかもしれません。

助産師がケアするのはお腹に赤ちゃんのいるママに対してだけではありません。社会全体を通して出産に関わる、性への教育も助産師が必要とされていることです。性にまつわる…、たとえば性についてや避妊の大切さ、家族計画など、大事な命を引き継いで行く尊さを子供たちに伝えて行くことも、助産師に課せられた仕事のひとつです。

学校に足を運び性教育のアドバイスや、大人に対しても家族計画の大事さなどの保健指導をしていく事が、これからの助産師が担って行くことのひとつになります。また、お産が済んだ後の女性の体調が変わって行くことへの悩みや不安の解消など、妊婦さんに対しての指導だけではなく人が生きていくことすべてに関わるフォローをしていくことになるでしょう。

残念ながら実際子供の数や出産の数は毎年減少の一途を辿っています。とはいえ社会全体で子供を大切にしようという風潮も年々増えているというのが現在の社会の状態です。

もしも社会に出ている女性が働きやすい環境、つまりは出産や育児が不安なく進められる環境づくりができたとしたら、出生率は自ずと増えて行くことでしょう。女性が安心して働ける環境づくりをサポートするのも、未来の助産師にかされた仕事なのかもしれませんね。